日本生物製剤について

沿革

1958年 12月 ラエンネック製造承認・適応症『肝硬変』
1967年 7月 薬価収載
1970年 10月 株式会社日本生物製剤設立(資本金5,000千円)
12月 資本金20,000千円増資
1971年 1月 授権資本金160,000株80,000千円
3月 久留米市東櫛原工場新設
1974年 8月 資本金45,000千円増資
1975年 10月 久留米市野中町工場新設
1984年 10月 薬効再評価公示,適応症拡大『慢性肝疾患における肝機能の改善』
1996年 5月 久留米市新工場竣工
2004年 4月 PARI(プラセンタ・アロエ研究所)設立 (現プラセンタ・アベニール研究所)
2005年 4月 韓国Eumsung工場竣工
2006年 9月 JBP China Co., Ltd.設立
2007年 9月 系列会社㈱ジャパンバイオプロダクツを吸収合併
2011年 9月 系列会社日生創健㈱を吸収合併  資本金55,000千円
2015年 4月 久留米市藤光町に新工場(ラトリエール藤光)竣工
2016年 6月 資本金25,000千円増資